読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

流れを変える人 「7つの習慣(スティーブン・R・コビー)」

心理学の研究によると

子供の頃に両親に虐待された人は、

高い確率で自分も子供を虐待するという。

 

しかし、そうした人生の脚本を

人は主体性を持って変えることができると

著者はいう。

 

今まで続いてきた悪い脚本を

そのまま続けずに変えることができる。

それは考え方の根本を変えることで達成する。

 

アヌワール・サダトは自叙伝の中で

「自分の考え方を根本から変えることができない人は

周りの世界を変えることは一切できない」と書いている。

 

根本的な変化は内面から起こるものであり、

応急処置的なテクニックや行動、態度といったものでは

葉っぱをいじるようなもので、根っ子は変わらないのだ。

 

自分の考えや人格、行動の根源にあたる根っ子に

辛抱強く働きかけて変えなければならない。

「繰り返し行うことは、たやすくなる」と

エマーソンは述べている。

 

今まで続いていた悪い脚本の流れの根本を探す。

根本の考え方がどのように変われば、

流れは変わっていくだろうか。

 

そして、根本はすぐには変わらない。

辛抱強く繰り返して少しづつ変えていく。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「悪い流れの根本の考え方を変える」