読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

誠実 「7つの習慣(スティーブン・R・コビー)」

誠実さは正直という概念を含んでいるが、それを超えるものだ。

「正直」とは真実を語ることであり、言葉を現実に合わせることである。

 

「誠実さ」とは、現実を言葉に合わせる。

つまり、約束を守り、期待に応えることである。

そして、誠実さを持つには、裏表のない統一された人格が必要だ。

 

誠実さを示すための重要な方法の一つは、

その場にいない人に対して忠実になることである。

 

その場にいない人の悪口を言わない、

その場にいない人のやってほしいことをやる、

その場にいない人の弁護をする。

そういったことで、むしろその場にいる人たちの信頼も得られる。

 

逆に、相手と面と向かっているときは調子よく話を合わせ、

相手がいないときには悪口を言う。

そういった二面性を見た人たちが信頼してくれるはずはない。

 

相手がその場にいないときにどういった行動をとるか。

それが、その人の信頼性を決めるし、

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「相手がいないときに誠実に行動する」