読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

全部を見てから選ばない 「ワルの作法(中谷彰宏)」

たとえば、100人の女性が集まっていて、その中から1人のいい女を見つけるとする。

100人を見て「この中ではこの中では誰が1番」というのがマジメ君の考え方だ。

ワルは、最初にいい女を見つけたら、他の99人の女性には目もくれずに

お茶に誘って連れ出してしまう。

「他にもっといい子がいるのにいいんですか?」と聞かれても気にしない。

ワルは他の子と比べて相対的に1番、2番と決めてるわけではないからだ。

 

ワルは自分の価値観という絶対的な基準で決めるので、他を見る必要がない。

これはオーディションでも同じだという。

自分の頭のなかで「必要なのはこういうタイプ」と明確に決めておけば、

100人のオーディションでも100人見る必要はなくなる。

必要な人が現れば、その人で決定なのだ。

 

遊び慣れていないマジメくんは、入口で最初に合った女性がいい女だったとき、

「今日はレベルが高いから他も見なくちゃ損」と考える。

他を見ているうちに、「やっぱり最初に会った子がよかった」と思って戻ると

もうその女性は別の誰かに連れ出されているのだ。

こういうところでは早い者勝ちのスピード勝負で、キープなどできない。

 

自分の好みが確立されていれば、自信を持って選ぶことができる。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「自分の基準を持ち、迷わず決める」