読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

もずくを6杯 「ワルの作法(中谷彰宏)」

東正任氏は、著者のプレイボーイの師匠であるという。

お店のオネエさんに「ご注文は?」と聞かれると、

「まず、もずくね!健康にいいからね!」と言って、注文する。

焼き物やご飯ものを頼んだあとにまたもずくを注文する。

さらに「オネエさんは今日の仕事は何時に終わるの?」

「○時に終わります」「そのあと会おうよ!もずく2杯!」というやり取りをする。

結局彼は、もずくを6杯おかわりした。

 

もずくが好きだからという理由だけではない。

もずくを6回頼むと、仲居さんもお店の人も覚えてくれるからだ。

はじめて行った店を、次にお客様を連れて行ったり、デートで使ったりするためには、

お店の人に自分を覚えてもらったほうが都合がいいのだ。

いいお客様になるためには、いいお客様であるという印象を与えるだけでなく、

覚えてもらうことが大切なのだ。

 

キャバクラに行ってモテないオヤジは、みんな同じ顔・同じ格好をして

同じような話をする。

そして「僕のこと覚えてる?」などと聞いてくる。

これでは覚えようがない。

みんなと同じ顔や格好をして2~3回通ったぐらいでは覚えてくれない。

できる男は覚えてもらえるよう、あの手この手の工夫をする。

もずくを6回頼めば覚えてもらえるが、2杯では覚えてもらえないのだ。

 

相手に嫌な印象を与えないように気をつけることは重要である。

相手に良い印象を与えることも重要である。

しかし、それだけでは結局他人と同じような印象しか残らない。

自分を覚えてもらうために、そこからもうひと工夫何かできないだろうか。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「覚えてもらえるような工夫をする」