読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

ハイパフォーマーは業種や職種に合った風貌をしている 「ハイパフォーマー 彼らの法則(相原孝夫)」

ハイパフォーマーたちは見るからに仕事と一体化している。

それぞれ、職業に合った風貌をしており、職業に合った振る舞いをする。

金融機関の人は、お金を預けるにあたって十分に信用し合えるような

事務的で硬い印象を与える。

ホテルなどのサービス業に携わる人はホスピタリティ溢れる立ち振舞いをする。

これが逆の印象を与えたとしたら、顧客は大きな違和感を持つだろう。

 

中でも、医者や教師は特に特徴が強い。

実際にやっている人たちからすれば、同業者はほとんど見分けられるという。

 

一方、印象からして、その仕事との違和感を覚えるような人の場合、

転職して間もなかったり、社内で配置転換となって日が浅かったりする。

その場に溶け込んでいるかどうかで、その人の能力と成果がわかる。

 

将棋の羽生名人は本の中で

「その場に馴染んでいる人は強い」という趣旨のことを発言している。

逆に溶け込めず、何となく場違いな印象を与えている人は

おそらく成果も上がっていないだろう。

まずは場に溶け込むこと。

その場に相応しい風貌と振る舞いをしようと努めること。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「その場に合った服装と振る舞いをする」