読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

シンプルイズベストというが 「黒新堂冬樹のブラック営業術(新堂冬樹)」

物事はシンプルな方がいい。

戦略をたてて成功に向けて行動する。

そのとき自分が描いているストーリーはシンプルなほうが成功率は高い。

 

恋愛において、家では立膝をついてものを食べるような女性が

好きな人の前では可愛く上品に振る舞う。

これはOKだと著者は言う。

嘘をついているのではなく、演じているだけだからだ。

それは「好きになってほしい」というシンプルなストーリーに沿っている。

 

ここで失敗するパターンとしては、相手に多くのものを求めすぎることだ。

「私をいつも最優先してほしい」

「女友達と飲みに行かないで欲しい」

「メールは1日30回欲しい」

「メールしたら必ず30分以内に返信してほしい」

これだけ要求が多くなれば、せっかくキレイな身なりにして、

演技もすごく頑張って良い印象を与えても、相手は引いてしまう。

 

「シンプルにする」とは「欲張らないこと」である。

営業で商品を売るときも同様だ。

せっかくあとひと押しで商談がまとまりそうなときに

「この商品の姉妹商品も抱き合わせで置いてほしい」

「お宅の店の全営業所に○○のポップを立ててほしい」

「請求書はこの商品とこの商品を理由てほしい」などと

あまりにも要求が多いと、相手としては面倒になってしまう。

 

複数の要求を実現させたいならば、一度にそれを突きつけないことだ。

1つずつ小出しにしていくことで、成功率はグンと上がる。

長期的に見ないといけない。

目先の欲望にとらわれて、あれもこれもとなってはいけない。

シンプルにするとは欲張らないこと。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「欲張らずにシンプルにいく」