読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

豊かさ 「7つの習慣(スティーブン・R・コビー)」

本書で有名な概念であるwin-win必要なのは、

「豊かさマインド」と呼ぶべき人格の特性である。

これは、すべての人を満足させることが可能である、というパラダイムである。

 

ほとんどの人は、「欠乏マインド」と著者が呼ぶパラダイムを持っている。

「欠乏マインド」とは、人生を一個のパイと見たときに、

他の人が大きな一切れを取ると、自分の取り分が減ると考える。

人生をゼロサムゲームととらえているのだ。

 

「欠乏マインド」を持つ人は、他の人の成功を素直に喜べない。

他人が誉められたり、大きな成果を出したりすると、

まるで自分から何かが奪われたような気持ちになってしまう。

 

「欠乏マインド」を持つ人の自尊心や価値観は、

他人との比較から得られるので、他人の成功は自分の失敗を意味する。

優等生になれる数には限りがあり、1番は1人しかなれないから、

「勝つこと」は「負かすこと」になってしまう。

 

一方、「豊かさマインド」は、内的価値や安定、自尊心から生まれる。

全ての人を十分に満足させることが可能である、というパラダイムだ。

他の人と接しながら無限の可能性があることを認め、

新しい代替案や第3案を作り出すことが出来る。

 

他人を負かすのではなく、一緒に働き、コミュニケーションを図り、

お互いが理解し合って成果を一緒に生み出す。

それは、自分だけよければいいという考え方からは達成できない

圧倒的な結果を生み出すのである。

 

「欠乏マインド」を持つ人は、物や人を自分の所有物にすることで

自分の自尊心を高めようとする。

多くの物を持ったり、人を思うままにしようとしたりしなくても

ありのままの自分で自尊心を保つ。

そうすることで自信につながるだろう。

 

本日の武器「自分も他人も満足させられる、豊かな人になる」