読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

あなたの許可なくして、誰もあなたを傷つけることはできない「7つの習慣(スティーブン・R・コビー)」

効果的な人生を営むための最も基礎的な習慣は、

主体性を発揮する習慣である。

主体性を持つということは、自分の人生に対する責任をとるということだ。

自分の行動は、周りの状況からではなく、

自分の選択によって決まると考えることだ。

 

責任は英語でレスポンシビリティー/responsibilityという。

この言葉の語源は、レスポンス/response:反応と、

アビリティー/ability:能力という2つの言葉からなっている。

主体性がある人というのは、「自分の反応を選択する能力」を持っているのだ。

 

逆に自分の人生に対する責任を放棄すると、人は周りの状況に反応するだけだ。

天気が良ければ気分が良く、天気が悪ければ気分も悪くなる。

人が親切にしてくれると機嫌がよく、そうでないときには不機嫌になる。

反応的な人は周りの状況や他人の言動・行動に感情を左右されやすい。

主体的な人は周りがどうだろうと自分の反応を選ぶことができる。

 

誰かがあなたを傷つけようとしても、それに合わせて傷つく必要はない。

仕事がうまくいってなくても、暗い顔をしなければならない義務はない。

不細工に生まれたとしても、みじめな気分で生きなければならない法律はない。

周りがどんな状況であっても、自分の価値観や信念に基づいて

自分の行動を選ぶ。

逆に言えば、自分の行動や感情を周りのせいにしない。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「主体的に自分の行動を選ぶ」