読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

一見どうでもいいことが一番大切である 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

モテる人は、どうでもいいことを「どうでもいい」とは言わない。

こだわって見られるのだ。

どうでもよさそうなことや、一見切り捨ててしまいそうなことを、

「いや、どうでもよくはないね」と言ってあげられるのがサービス精神だ。

なぜなら、相手にとってはどうでもよくないからである。

一緒にこだわってあげることが大切なのだ。

 

無能な上司は、重大な事件のときには大騒ぎするが、

小さなことには「そんなことは、どうでもいい」と切り捨てる。

些細なことを「どうしようか」と一緒になって真剣に考えてあげると、

その時点で信頼関係が築ける。

逆に、上司が重箱の隅をつつくようなことを言ってきたら、

上司につきあってあげればよい。

上司の信頼が得られれば、仕事も任されるだろう。

大事なのは、自分にとってはどうでもいいことでも

相手にとってはどうでもよくないことをわかってあげることだ。

 

もちろん、自分も忙しい中で、自分から見ればどうでもいいことに付き合うのは

精神的にも、時間的にも難しいだろう。

だが、相手につきあいながら、自分の優先順位の高い仕事もこなせる人は

一段上のレベルの人と言えるのではないか。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「どうでもいいことをどうでもよくしない」