読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

イメージしないでください 「ダメな自分を救う本(石井裕之)」

「ピンクの象をイメージしないでください」と言われたとする。

イメージするなと言われているのに、頭のなかにピンクの象が浮かんでしまう。

何か辛いことがあって泣きそうなときに、

「こんなとこで泣いてはいけない」と考えるほど、涙が溢れてくる。

これは、潜在意識が否定形の文章が理解できないために起こる。

 

セラピーにおいて、「緊張しない」という催眠暗示をクライアントに与えても、

潜在意識は否定形を理解できないから「~しない」という言葉の意味がわからない。

だから、結果として「緊張」というメッセージしか伝わらず、余計に緊張してしまう。

 

催眠暗示では原則として否定形を使わない。

「緊張してはいけない」ではなくて「リラックスする」という肯定形の言葉に

言い換えて暗示を与える。

潜在意識は「~がない」という言い方、文字通り「ないもの」を理解できないのだ。

 

幼い子供が「走っちゃダメよ」と言われても、

「~してはダメ」という否定形が理解できないから、

「走る」という言葉だけ印象に残り、逆に走りたくなるのと同じだ。

「走っちゃダメ」ではなくて、「ゆっくり歩こうね」と言えばいい。

 

潜在意識は「~しない」「~がない」という否定形を理解できない。

だから「あれがない」「これがない」と、ないものにフォーカスしても

潜在意識は動いてくれない。

ないものからは何も生まれないのだ。

「~がある」「~する」と肯定形でフォーカスした時に、

潜在意識は自分のために動いてくれる。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「否定形ではなく肯定形で考える」