読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

成功するバカと失敗するバカ 「不器用な人ほど成功する (中谷彰宏)」

今の自分の状態に満足していないとして、

「世の中は不公平だ」と文句を言っているうちは、永久に満足できない。

「世の中は平等にうまい具合にできている」と思えるようになって

初めて成功の扉が開くものだ。

世の中は平等だと思わない人は、うまくいかないことを世の中のせいにする。

世の中を平等だと思う人は、自分で努力しようとする。

 

成功するバカと失敗するバカがいる。

利口のマネをするバカは必ず失敗する。

バカにはバカのやり方があるのだ。

そしてバカのやり方は、利口のマネはできない。

バカにしかできないやり方なのだ。

 

不器用な人間が、器用な人間のやり方を真似しても成功しない。

不器用な人間には、不器用な人間のやり方がある。

自分が持っていないことでどうにかしようとすると失敗する。

今自分が持っていることで勝負するほうが勝つ確率は高い。

 

たとえ、バカな人であっても成功するバカと失敗するバカに別れる。

それは自分に合ったやりかたをしているかどうかにかかっている。

バカが利口のマネをしてもしょうがない。

利口がバカのマネをしてもうまくいかない。

いかに自分に合ったやりかたを見つけるか。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「自分がバカなら、バカに合ったやり方をする」