読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

ガツガツするな 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

相手が迷っているとき、 その場で決断を急かさないほうがいい。 「迷わないで決めてください」と言うのは 余裕のない態度である。 相手が迷っているときに 「たっぷり迷ってください」 「決まったらいつでも言ってください」 と言うほうが説得力が強まる。 …

場所が悪い 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

モテる人はどこへ行ってもモテる。 モテない人はどこへ行ってもモテない。 あるところではモテない人が、別のところへ行くと猛烈にモテるようになることはな い。横柄でモテない人が、別のところへ行けば横柄さがなくなるわけではないのだ。 そういう人に限…

一見どうでもいいことが一番大切である 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

モテる人は、どうでもいいことを「どうでもいい」とは言わない。 こだわって見られるのだ。 どうでもよさそうなことや、一見切り捨ててしまいそうなことを、 「いや、どうでもよくはないね」と言ってあげられるのがサービス精神だ。 なぜなら、相手にとって…

モテない人は新規開拓ばかりしている 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

「どうしたら出会うことができますか」 「出会いがないんです」という質問が著者によく寄せられる。 しかし、モテないのは出会いがないからだ、という発想は責任転換である。 出会いのチャンスがないのではなくて、付き合い方のベースができていないだけだと…

自己肯定とは 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

童貞の男性に「君は童貞でしょう」と言うと、半泣きになって否定する。 占い師に「ちょっと気が短いですね」と言われると、 気が短い人は「絶対にそんなことありません」と怒り出す。 ムキになって否定するということは、図星ということだ。 「ありのままの…

Playing catch 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

コミュニケーションは全てキャッチボールである。 キャッチボールのできない人は、仕事も恋愛もできない。 例えば面接では、才能や能力、経歴も勿論見られるが、 重要なのは面接というキャッチボールができるかどうかである。 キャッチボールができない人が…

トイレットペーパーを買ってこい 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

青木雄二氏は、バイトを社員にする際にあるテストをした。 「トイレットペーパを買ってこい」と言うだけのテストだ。 A君は「はい、わかりました」とだけ言って、何も聞かずに買いに行った。 買ってきたトイレットペーパーは今までと違うものだった。 「これ…

「あとで」することを「まず」する人 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

仕事を頼んだときに「あとでやっておくね」と言うのは、悪いことではない。 やらないと言ってるわけではなく、「今忙しいから、あとでやっておくね」と言ってい るだけからだ。 だが、評価される人は、「あとでやっておくね」と言われても仕方がないことを …

仕事はできないが転職はできる? 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

著者は「どうしたらうまく転職ができますか」という質問をよく受けるという。 この質問をする人は、転職すればハッピーになれるのではないかと考えている。 しかし、この質問は趣旨がズレている。 「どうしたら結婚できますか」と聞くようなものだ。 実は、…