読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

できない理由 「勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力(勝間和代)」

2007年4月に入学した大学生は、

ゆとり第一世代と言われ、

ゆとり教育を小学1年生から受けてきた。

 

ある会計学の大学教授が著者に言うには、

この世代の学生達が、会計学の授業の後で、

比例のやりかたがわからないので

教えてくれと長蛇の列を作ったという。

(ちなみに早稲田大学の話だ)

 

もうすぐ還暦で、

何十年と会計学を教えてきた教授にとって

こんなことは初めてだったそうだ。

会計学では比例がわからないと

授業にならないのは言うまでもない。

 

思考力、判断力というのは

ベースとなる知識があって

初めて身につくものだ。

 

判断が早い人は行動が早い。

「私は行動が遅くて」

「わかっているけどできなくて」

そう嘆く人は、

「わかっていないから行動できない」のだ。

 

誰でも未知の状況では判断が遅くなる。

逆に100%わかっている状況なら、

すぐに行動できる。

 

物事を知って、

よりわかっている状況に近づくほど、

判断も行動も早くなっていき、

結果が出やすくなる。

 

そうすることで

自信につながるかもしれない。

 

本日の武器

「必要な知識を増やす」