読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

優れた人は「自分はダメだ」という 「考える技術(大前研一)」

考える技術

世界のマーケットで競争力を持つような

優良企業は、「自己否定」を繰り返すと

著者はいう。

 

「まだダメだ、まだダメだ」という自己否定で、

常にベストを目指して変革していく。

これがあるからこそ世界で競争できる。

 

逆に自己否定できない会社は競争に勝てない。

そんな会社のトップは、

それまでの成功体験があるために

自分を美化しようとする傾向がある。

 

時代が代わり、

自分の成功体験によるやり方が

通じなくなっていたとしても、

それを認めようとしない。

過去の成功にとらわれていると、

自分を成長させようとしなくなるのだ。

 

個人においても同様である。

常に向上心を持って努力する人は成長する。

ということは、

優れた人ほど自己否定するのではないか。

今の自分に満足せず、

もっと良い方向へ持っていこうとする。

 

そうすることで

自信につながるかもしれない。

 

本日の武器

「前向きに自己否定をする」