読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

ポジティブ認識 「ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (ブライアン・トレーシー)」

ゴール

目標達成に専念し、

効率よくそれを実現するためには、

「ポジティブシンキング」だけでは足りない、

と著者はいう。

 

必要なのは「ポジティブシンキング」を

「ポジティブ認識」に変えることである。

 

自分は目標を達成するのだ、ということを

心から「認識」し、「信じる」のである。

 

普段から思い続けていることは実現する。

成功に対する揺るぎない想いを

潜在意識にプログラムすることだ。

 

そのために著者が行っていた習慣がある。

ノートを1冊用意し、毎日そのノートに

自分にとって最重要な目標を10~15書き出す。

前日と違う目標でいいので

そのとき浮かんだ目標を書き出すのである。

 

毎日思いついた目標を10-15個書いていくうちに

リストの内容は段々同じになっていく。

それは目指すものが明確になったということだ。

目標が明確になるほど、

その対策も具体的に思い浮かんでくる。

 

目標は現在形で具体的に書いたほうがよい。

現在形で書かれた迷いのない文は、

潜在意識を活性化させる。

 

「お金を稼ぎたい」ではなく

「私は毎年5万ドル稼ぐ」と書く。

「痩せたい」ではなく

「私は体重を5キロ2ヶ月で減らす」と書く。

 

潜在意識は曖昧な命令を受け付けないため、

明確な現在形で目標を書き出す。

それを毎日繰り返すことで、

目標は明確になり、

脳はその目標に向かって動き出す。

 

そうすることで

自信につながるかもしれない。

 

本日の武器

「毎日目標を現在形で10-15書き出す」