読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

自由を得る方法 「ゴール―最速で成果が上がる21ステップ (ブライアン・トレーシー)」

プラス思考になりたいのに、

マイナス思考にどうしても囚われてしまう。

そんなときはどうすればいいのだろうか。

 

マイナス感情を撥ねつけるには、

自分の置かれた境遇の責任を

すべて引き受けなければならない、と

著者はいう。

 

「私のせいじゃない!」と

いつまでも怒っていても

状況は何も変わらない。

 

責任を負うということは、

自分で状況をコントロールしようという

意思を持つことである。

他人事でいる内は、

自分で何とかしようと思わないが、

自分で責任を負うと考えれば

自分で何とかしようという気になる。

 

責任がないということは

自由がないとも言えるかもしれない。

自分で状況をコントロールするのではなく、

他人にコントロールされることになるからだ。

 

自分に責任があると考えれば

マイナス感情から解き放たれる。

自分で今の状況を改善しようと

前向きな心になる。

そして、責任を負うからこそ

自分で行動を選べるのである。

 

進んで責任を負うこと。

そうすることで

自信につながるかもしれない。

 

本日の武器

「責任を積極的に負う」