読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

一貫性に支配されている 「影響力の武器(ロバート・D・チャルディーニ)」

人は自分の行動に一貫性を

保とうとする傾向にある。

 

行動に一貫性がない人は

社会でうまくやっていけないため、

特に他人には

一貫性があるように見られたい。

それは本能的なものである。

 

だからこそ

他人に公言したことは

固執しようとする。

 

たとえば、

ダイエットにおいて

減量しようと個人的に

決心するだけでは、

誘惑に耐えることはできない。

 

しかし、

当面の減量目標を書かせ、

その目標をできるだけ

多くの友人、知人に見せると

効果は劇的に上がる。

自分の決心を公表することで

一貫性の法則が働くからだ。

言葉と行動が一貫していると

見られたいのである。

 

我々は自分の行動を

一貫させていたいし、

他人からも一貫していると

思われたい。

 

何か目標があれば

紙に書いて知人に見せる。

そうすることで成功確率は大きくなり、

自信につながるかもしれない。

 

本日の武器

「目標を紙に書き、公言する」