読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

アホみたいに記憶を定着させる 「頭がよくなる魔法の速習法(園 善博)」

新しい記憶は、

脳の海馬でふるいにかけられ、

大脳皮質に貯えられる。

 

その際に、脳は

重要な記憶と重要でない記憶を

取捨選択していく。

海馬で重要でないと判断されたら、

その記憶は思い出せなくなっていく。

 

海馬に情報が貯えられる期間は

1ヶ月間である。

この間に、脳に対して

「この情報は重要だ」と教えれば、

記憶できるようになる。

 

ポイントは忘れるタイミングで

復讐をすることである。

 

エビングハウスの「忘却曲線」の

話は有名だ。

10個単語を覚えたときに、

どれくらいの速さで忘れていくかを

調査したものだ。

 

4時間後には5個忘れ、

24時間後には6~7個忘れ、

48時間後には7~8個忘れている。

 

一度覚えたことは、

4時間後には半分は忘れているし、

2日もたてば70,80%忘れている。

 

しかし、繰り返し復習すれば、

忘れるスピードは遅くなる。

復習を3回すると、

4時間後には8~9個、

48時間後でも5個は確実に覚えている。

 

また、脳科学者の池谷裕二氏は、

記憶を定着させるには、

1ヶ月間に4回の復習が必要だと主張する。

学習した翌日、1週間後、2週間後、1ヶ月後だ。

 

それと忘却曲線を踏まえると、

1ヶ月以内に6回は復習すれば

嫌でも覚えていくだろう。

 

1回目 4時間後

2回目 24時間後

3回目 48時間後

4回目 1週間後

5回目 2週間後

6回目 1ヶ月後

 

学習して記憶を定着させるには、

一気に覚えるよりも小さな反復が

効果的なのである。

 

たとえば、

1時間かけて覚えるよりも、

20分×3回に分けて覚えるほうが

定着はしやすい。

タイミングを上記に合わせれば

なおのこと効果は高い。

 

勉強に限らず、スポーツにおいても

頻度を増やして動きを覚えていったほうが

効果は高いだろう。

小さな反復を数多く繰り返す。

そうすることで

自信につながるかもしれない。

 

本日の武器

「1ヶ月以内に4~6回反復する」

 

※自信のない人が

 確実に人生を変えるためのメルマガ↓↓

自信のない人が仕事で一目置かれる!人生の小さな逆転法

 

今回の参考書籍↓↓