読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

お金を稼ぐ第一歩 「非常識な成功法則(神田昌典)」

お金にこだわる=卑しい

お金にこだわらない=心が清らか

一般的にはこのようなイメージがあり、

お金儲けに走るのは卑しいという

罪悪感がある。

 

恐れや罪悪感を持っていたら

絶対にお金は儲からない。

儲け始めた途端に、

自分で自分にストップをかけてしまうからだ。

 

たとえば音楽家がいい音楽を演奏することに

罪悪感を持ちながらできるだろうか?

大工がいい家を作ることに

罪悪感を持ちながらできるだろうか?

同様にお金に罪悪感を持ちながら

お金を儲けることは不可能なのである。

 

たしかに、幸福になるのに

必ずしもお金は必要ではない。

だが、お金があればすごく便利だ。

お金がないまま社会貢献することもできるが、

お金があれば色々な社会貢献ができる。

お金を儲けることで、

社員の給料を上げることもできる。

 

最初から「お金が全てじゃない」と

断言するよりも、

「お金が全てではないが、大事だ」と

考えてもいいのではないか。

 

お金持ちが卑しいというよりも、

お金の稼ぎ方や使い方が卑しいのである。

まっとうにお金を稼ごうとすれば

相手を満足させないといけないし、

自分を成長させないといけない。

まっとうにお金を使えば、

たとえば病気の子供だって

救うことができるかもしれない。

 

お金に対する罪悪感をなくし、

罪悪感を持たなくてもいいような

稼ぎ方や使い方をすること。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「罪悪感を持たなくてもいいようにする」