読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

お金で幸せは 「非常識な成功法則(神田昌典)」

「人の役に立つことをしていれば

お金は後からついてくる」

「本当に大切なのはお金じゃない」

もっともすぎて誰も反論できないような

成功法則が世の中にはたくさんある。

 

では、これらの成功法則を唱えている人が

経済的に全員成功しているかというと

そうでもない。

 

著者に言わせれば、このような成功法則は

成功者が自分に言い聞かせるものだからだ。

 

まともな成功者が恐れるのは、

傲慢になり、天狗になってしまうことだ。

だから、自らを律するために

「謙虚でなければならない」

「神様に生かされている」

「お金で幸せは買えない」と言い出す。

 

もちろんこれらは大切なことである。

 そして、真実である。

だが、お金のないときは話が違ってくる。

 

子どもの養育費を払わなければ、

病気で手術代がかかるけどどうしよう、

生活費がもっと欲しい・・

凡人にとっては、そういう現実問題が重要である。

そんなときに「お金で幸せは買えない」と言われて

心に響くだろうか。

 

「お金が全てではない」

⇔「でもお金を稼がなければならない」

「謙虚でなければならない」

⇔「でも、傲慢な方が高値で売れる」

「人との出会いを大切に」

⇔「でも、下請け仕事ばかりは嫌だ」

こういったジレンマは珍しくないのではないか。

 

金も貧しく、心も貧しい人を

「凡人」と著者は定義づける。

凡人はお金もほしいし、

社会に役立つ人間になって

他人からも愛されたいのだ。

 

ところが、一気に「お金」も「心」も

両方とも得ようとするのは難しい。

「お金は欲しい」が「お金は重要ではない」

「欲しいものはある」が「贅沢より心」といった

ジレンマが生じるからだ。

 

そこで著者は、お金と心を切り離し、

一気に「お金」も「心」も目指すのではなく、

まずは「お金」に優先順位を置き、

次に「心」を磨くことを勧める。

 

経済的に安定していなければ

犯罪に走るかもしれない。

 

また、まともにお金を稼ごうとすれば、

人の役に立つよう努力しなければならない。

まっとうに経済力を得ようとすれば、

人間的にも成長していかざるを得ないのだ。

 

お金を稼ぐこと自体は悪いことではないし、

お金方向に傾く前に

心を磨く方向にシフトすれば

破滅することはない。

 

お金があっても幸せは買えない。

しかし、お金は必要である。

ならばお金と心の問題を切り離し、

まずは現実的に必要なお金にフォーカスする。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「まず経済力をつけて、心を磨く」