読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

好印象戦略 「心理戦で絶対に負けない本(伊東明+内藤誼人)」

スノーランスキとカールストンという心理学者が

人間の判断について実験を行った。

 

彼らの得た結果によると

人が判断を下す場合には足し算にならないという。

 

つまり、「良い点がひとつ。悪い点がひとつ。

2つを合わせて、心に残る印象がゼロ」

というふうにはならなかったのである。

 

人間は、ポジティブな情報よりも

ネガティブな情報をより重視する。

 

ということは、好印象を与えるためには、

良い行いと悪い行いが同数ではダメだということだ。

同数だと相手は悪い行いを重視してしまう。

善い行いを、悪い行いより2倍はしなければならない。

 

田中角栄元首相は、道路などのインフラの整備や、

経済発展を助ける製作を積極的に遂行して

歴代の総理でも上位に入るような業績を挙げた。

 

しかし、そんな総理でも、

ロッキード事件というたったひとつの汚点によって

失脚していったのだ。

人は悪い点には辛口になるものだ。

 

相手に好印象を与えようと思ったら、

次の二通りしか戦略はない。

 

①良いことを悪いことの2倍以上行う

②良いことをしなくても、

 悪い印象はゼロにするよう心がける

 

①に関しては、悪いことが一つあるだけで

すでに命取りになるというリスクがある。

 

②に関しては、下手な行動をしなければ

悪い印象はゼロになるはずだが、

それだと好印象を与える機会もなく、

相手を無関心にさせるかもしれない。

 

とすれば、まずは第一印象で

マイナスにならないように心がけ、

そしてプラスの行動を積み重ねてく、

というのが現実的ではなかろうか。

 

仕事でも何でも、

見た目や言葉使いや態度で

いきなり悪い印象を残しては

挽回するのは難しい。

 

最初をつまづかなければ

途中での失点はいくらでも取り返せる。

1点とられたら2点とればいい。

 

不要なマイナスを減らして

プラスをなるべく多くする。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「マイナスの2倍プラスを重ねる」