読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

革命 「習慣の力 (チャールズ・ドゥヒック)」

20年前、減量するのに一番いいのは

「生活の改善」というのが一般的な常識だった。

医者は肥満患者に対して厳しい食事制限を課したり、

ジムやカウンセリングに定期的に通わせたり、

エレベーターより階段を使わせたりしていた。

 

悪い習慣を変えるには、

生活を大きく変えなければならない、というのが

一般的な考え方だった。

 

しかしこうした方法の効果を長期的に調査したところ、

ほとんどうまくいってないことが判明した。

 

肥満患者は何週間かは階段を使っていたが、

その月の終わりには挫折をしていた。

 

食事制限をしてジムに通っても、

最初の気分の盛り上がりが落ち着くと、

テレビを見ながら食べまくるという習慣に戻った。

 

一気に多くのことを変えると、

どれも続かないという法則があるのではないか。

 

何事もリバウンドがある。

急なダイエットは大きなリバウンドを起こすし、

組織でもいきなり何もかも変えようとすれば、

必ず激しい抵抗にあう。

 

大きなものを変えたければ、

まずは小さなことを一つ一つ確実に改善することだ。

 

一つ一つ何かを改善するたびに、

その影響が他の部分にも普及し、

やがて全体が変わり始める。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「何か一つ小さなことを変えていく」