読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

運は出会い 「ランチェスター思考2 (福田秀人)」

松下幸之助は、人材の選抜基準として、

「愛嬌があり、運がよいこと」をあげたそうだ。

 

「愛嬌がある」とは、

人に交換を与える個性を持っていることである。

 

個性が大事といっても、

不快感を与える個性ではどうしようもない。

奇抜なファッションや行動で個性を表現するのは

ビジネスの世界では愚か者と見なされる。

 

「運がよい」とはどういうことか。

「宝くじで大儲けした」という意味だけではない。

優れた人と付き合い、

彼らから信頼される証が運のよさだと著者はいう。

 

「あの人のおかげで・・」と言われるように、

幸運も悪運も、人が運んでくることが多い。

 

運が良いのはチャンスを提供してくれたり、

ピンチを救ってくれたりするような人と

信頼関係を構築しているからだ。

運が悪いのはその逆の可能性もある。

 

司馬遷は「運は出会い」と言ったそうだ。

自分にとって良い影響を与えてくれるような人と

どれだけ信頼関係を築けるか。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「プラスになる人に信頼される」