読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

勝てるなら戦い、勝てなければ去る 「ランチェスター思考2 (福田秀人)」

「戦上手は逃げ上手」という言葉がある。

逃げるのは、破滅を回避し、戦力を温存し、

逆襲するための合理的な方法でもある。

 

中国の毛沢東は、1940年代前半に

抗日戦闘を繰り広げていたとき、

「勝てるなら戦い、勝てなければ去る」を

モットーにして下記のような指示を出していた。

 

日本軍は少数だが強く、我軍は多数だが弱いから、

隠れていて、10倍以上の兵力で奇襲攻撃し、

それでも形勢が不利になれば、すぐに逃げろ。

 

日本軍は「すぐ逃げる弱虫」と軽蔑していたが、

それは、日本軍を内陸部に引き込み、

じわじわと消耗させる合理的な戦術だった。

 

勝ち目のない戦いに挑む必要はない。

勇気と無謀は違う。

ドラクエだって死にそうなときは逃げる。

宿屋で体力を回復させなければならない。

 

ときには逃げることも必要なのだ。

もちろん「戦略的な」逃亡が望ましい。

やたらと逃げ回るのはもちろんダメだ。

勝つために今逃げる必要があれば逃げる。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「必要があれば逃げるのも厭わない」