読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

理解のコツ 「7つの習慣(スティーブン・R・コビー)」

人の話を聞いているとき、

ほとんどの人は理解しようとして聞いてない。

答えようとして聞いている。

相手の話を聞きながら結局自分が話しているか、

あるいは話す準備をしながら聞いているかである。

 

聞いている話を全て、自分のパラダイムを通して

自分の自叙伝を相手の生活に置き換えているだけだ。

「気持ちはよくわかるよ」「私もね・・」と

相手の話を脇において自分の話にしてしまう。

 

人間関係において問題が発生すると、

そういう人たちは決まって

「相手が理解していない」と言う。

 

人は「理解されたい」という欲求がある。

しかし、独り言を言っている者同士が会話しても

最後までお互いに理解できないだろう。

 

相手の話を元にして自叙伝を話すのではなく、

相手の考えや感情を勝手に解釈するのではなく、

ありのままに理解しようと思って聞く。

 

そういう気持ちで聞くことで、

相手を理解することが出来る。

相手を理解して、初めて相手からも理解される。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「相手の話をありのままに聞く」