読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

出し惜しみ 「行政書士開業初月から100万円稼いだ超・営業法(金森重樹)」

自分が仕事で得た情報やノウハウを同業の人間と共有するために

情報を発信する人。

また、自分のノウハウを盗まれては困ると隠している人。

 

もしあなたが後者ならば、相手もノウハウを盗まれては困ると、

あなたに情報を教えなくなるだろう。

そうすればお互いに何も得ることはなくなり、縮小均衡に陥ってしまう。

 

人に情報をクレクレという「教えて君」なのに、

自分では情報を何も出そうとしない者には情報は集まらない。

 

逆に、自分の持っている情報を相手に与えれば、

相手もあなたに情報を与えてくれるだろう。

 

そうすれば、自分の情報と相手の情報をつなげて

新しい事業ができる可能性がある。

 

情報は相手に与えたからといって、減るわけではない。

むしろ積極的に与えることで自分にも情報が集まってくる。

 

自分の持っている情報が一つでも、

10人に伝われば、10人から新しい情報がもらえる。

 

大抵の情報は今やインターネットを検索すれば出てくる。

自分がすごいと思っている情報も、大抵はそんなものだ。

それを出し渋っても、いつかは相手も知ることになるだろう。

 

だとすれば、最初から情報を相手にどんどん出していって、

自分に足りない部分を協力してもらっていけば、

自分が今持っている情報以上のものが得られるはずだ。

 

本当に教えたくない必殺の情報以外は、

気前よく相手に教えていく。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「情報を出し惜しみしない」