読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

宇宙飛行士のように 「7つの習慣(スティーブン・R・コビー)」

チャールズ・ガーフィールド博士は、

スポーツや企業で大きな功績を残した人たちを広く調査研究してきた。

特に彼が注目したのが、宇宙飛行士だった。

 

宇宙飛行士は、実際に宇宙に行く前にあらゆる状況を想定し、

地球上で何度もシミュレーションを繰り返す。

もしかしたら他の分野の成功者も同じかもしれない、と彼は思った。

 

彼の研究の結果、世界のトップクラスの選手や成功者は、

ほとんどがイメージトレーニングを行っていることがわかった。

実践の前に、既に彼らはそれを見て、感じていて、経験していた。

 

演奏、プレゼン、人生の諸問題、あらゆることにも当てはまる。

前もってその場面を明確に、鮮明に頭のなかに描いておく。

自分の中で自然だと感じる領域を広げておく。

そうすれば、実際にその場面に出くわしても違和感なく行動できる。

 

イメージが具体的にわかないときには、模擬テストを行うしかない。

過去問や練習試合、ロープレなどで本番を想定して取り組む。

そのフィードバックを本番に活かす。

一番ダメなのは、当たり前だがぶっつけ本番なのである。

 

模擬テストをたくさんこなしておけば、本番のテストでも似たような問題が出る。

たとえ、それが予想外の問題であっても、何となく解きかたが思い浮かぶものだ。

 

本番をイメージした練習や模擬テストをできるだけ数多くこなす。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「必ずイメトレや模擬試験を行う」