読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

すべてのものは2度作られる 「7つの習慣(スティーブン・R・コビー)」

「すべてのものは2度作られる」という原則がある。

万物にはまず知的な第一の創造があり、それから物的な第二の創造がある。

住宅の建設みたいなものだ。

一本目の釘を打つ前には細かいところまで全てが創造されている。

どういう家がほしいのか打ち出し、その考えを設計図に描き、

建築の計画を立てる。

この作業が完成するまでは工事にかかることはない。

でなければ第二の創造ー物的な創造ーにおいて、家のコストを増大させるだけだ。

 

大工には「二度測って一度で切る」という格言がある。

設計図という知的な創造で、本当に欲しい姿が描けいるかどうかを事前に確認する。

それができてはじめて、セメントや木材を使って形づけていける。

つまり、目的と計画という二度の測定があるから工事がうまくいく。

 

仕事においても、私生活においても、目的と計画を作った上で行動に移すと、

目指す結果に効率的に近づいていける。

逆に言えば、結果を焦るあまり、一度で手に入れようとするな、とも言える。

すべてのものは2度作られるし、一流の大工ですら二度測って一度で切る。

適切な目的と計画があるから、適切に行動できる。

 

もっと拡大すれば、練習でうまくいくから本番でもうまくいくし、

滑り止めの学校に受かるから本命の学校にも受かるし、

下書きがあるから清書がうまくいくのではないか。

最初から1度で完成させようとするのではなく、

2度で完成に持っていく。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「すべてのものは2度作られる」