読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

自己肯定とは 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

童貞の男性に「君は童貞でしょう」と言うと、半泣きになって否定する。

占い師に「ちょっと気が短いですね」と言われると、

気が短い人は「絶対にそんなことありません」と怒り出す。

ムキになって否定するということは、図星ということだ。

 

「ありのままの自分を肯定する」という言い方がある。

これは「童貞の自分が嫌だから、童貞を速く脱出する」と考えることでもないし、

「気が短いのが嫌だからすぐに怒らないように気をつけよう」と考えることでもない。

「童貞の自分」「気が短い自分」を変えずに、ありのまま受け入れるということだ。

 

「マザコンじゃないですか」と聞かれて「かなりマザコンですね」と言える男性は

むしろ男らしい。

占い師に「気が短いですね」と言われても「そういえばそういうところあるかも」と

素直に認められる人は聞く耳を持っているので評価される。

逆に自分の欠点を認められず、それを隠そうとする人は、

「いやオレはこんなにすごいんだ」と自慢話しをしがちだ。

そんな人は嫌われる。

 

自分の欠点を素直に認められるだろうか。

人に痛いところをつかれたときに、素直に認められるだろうか。

それができれば自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「欠点を認める」