読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

Playing catch 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

コミュニケーションは全てキャッチボールである。

キャッチボールのできない人は、仕事も恋愛もできない。

例えば面接では、才能や能力、経歴も勿論見られるが、

重要なのは面接というキャッチボールができるかどうかである。

キャッチボールができない人が会社に入ってきたら大変なことになる。

彼がやっているのは、相手の投げるボールは全然受け取らないで

自分で持ってきたボールを次から次へと投げることだけだからだ。

 

ここでいうキャッチボールとは、友達同士のキャッチボールではない。

知らない人とどれだけキャッチボールができるかが問われているのだ。

友達同士では、どの辺に投げるか大体察しがつく。

知らない人が投げるボールをキャッチして、投げ返せるかで差がつく。

仕事も恋愛も、相手が投げたボールを想像しながら受け取って、

見えないボールを投げ返す作業なのだ。

 

お客様から来るクレームも、見えないボールだ。

お客様がどういう気分で、どこに本位を置いてクレームを言っているのかを

見極める必要がある。

企画書も、接客も、恋愛も、教育も、プログラミングも、

全てをキャッチボールと考える。

見えないボールがどのくらいのスピードで、どういうコースで飛んできているか見て

受けっていけるかが勝負だ。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「キャッチボールの感覚を持つ」