読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

トイレットペーパーを買ってこい 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

青木雄二氏は、バイトを社員にする際にあるテストをした。

「トイレットペーパを買ってこい」と言うだけのテストだ。

 

A君は「はい、わかりました」とだけ言って、何も聞かずに買いに行った。

買ってきたトイレットペーパーは今までと違うものだった。

「これじゃないよ、何勝手に買ってきてるんだ」と言われて

A君は不合格になった。

 

B君は買いに行く前に「どういうタイプを買ってくればいいですか」と質問した。

B君も不合格になった。

 

合格したC君は、何も聞かずにいつも使っているトイレットペーパを買ってきた。

要するに青木氏は、トイレでいつも見ているかどうかのテストをしていたのだ。

いつも使っているトイレットペーパーにはこだわりがある。何でもいいわけではない。

バイトをしていればトイレも使う。

そこで、いつも何を使っているかを見ていれば何を買えばいいかはわかる。

「いつも使っているのはどれだっけ」と思い出せる観察力と記憶力がなければ、

仕事などさせられないというのが青木氏の考え方だ。

 

プレゼントでも同じことだ。

「プレゼントは何が欲しい?」と聞くのは、

「トイレットペーパーは何を買ってきましょうか?」と聞くのと同じだ。

つきあっていれば、相手の好みや、今必要なものはわかる。

それをわざわざ聞くのは、相手に関心を寄せていませんと言ってるようなものだ。

 

特に優等生タイプは「何を買ってくればいいですか」と聞いてくる。

何を買えばいいか、手とり足とり教えてもらおうとする。

学校では「○○というトイレットペーパーを買ってきなさい」と教えられるが、

社会に出たら「そのくらい見ておけよ」と言われるだけなのだ。

漠然と生活するのではなく、観察や対話の中から相手の好みを把握しておく。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「普段の生活の中で興味や関心を持って観察する」