読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

「あとで」することを「まず」する人 「欲しいと言われる男になるMUST50(中谷彰宏)」

仕事を頼んだときに「あとでやっておくね」と言うのは、悪いことではない。

やらないと言ってるわけではなく、「今忙しいから、あとでやっておくね」と言ってい

るだけからだ。

だが、評価される人は、「あとでやっておくね」と言われても仕方がないことを

「今やるね」といえる人である。

 

仕事では、

①あとでやるべきことを、あとでやる人

②あとでやることを、いつまでたってもやらない人

③あとでやることを、今やる人

の3通りがある。

 

仕事のできる人とできない人の違いは、あとでもいいことを、頼んできた人の目の前で

「今やっちゃおう」と言ってやれるかどうかであると著者は言う。

今しようとしていることを、今するのは普通だ。

明日やろうとしていることを今やれる人は、仕事も人間関係も前倒しで動ける。

あとでやっても今やっても変わらないけれども、今すぐに片付けられる人は行動量が増

えるし、周りの評価も高くなるのだ。

 

「今やらなくてはいけないこと」は誰でもたくさん抱えている。

その中で「本当にやらないといけないこと」を今やれる人は成功する。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「あとでやれることを今やる(優先順位はもちろんつける)」