読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

目の前の目標に集中するな 「人生を変える自分ブランド塾 (中谷彰宏)」

ほとんどの人が最初のゴールだけを見ている。

与えられたノルマや目標だけを見ている人は、

その目標を達成しても得るものは小さい。

たとえその人がそのゴールを達成してなくても、

その次のゴールも目指しているのであれば得るものは大きい。

 

接待のお店に連れて行った後、

「じゃ、このあと1杯飲みに行きましょう」と誘う。

そこで「ちょっともう飲んだので、コーヒーとか飲める店はないかな」と言われたとき

「今から探してきます」では遅い。

そこでもたつかなくてもすむようにしないといけない。

 

接待の上手な人は、目標の店のリサーチだけではなく、

そのあとどこに行くかを考えて、「あそこにスタバがある」と見ながら歩く。

「タクシー乗り場があそこにあるから、もう帰るというときは、ここに行けば

タクシーがつかまえられる」と見ている。

お店に必死な人は、周りが全然見えていない。

勝負は食べに行くお店で決まるのではなく、

「さっきあそこにスタバがあったから行きましょう」と次の店が見えているかで決まる

 

運転の下手な人は前しか見ていない。

運転がうまくなればなるほど、前だけを見ている比率が減る。

サイドミラーやバックミラーを見る比率が増える。

目の前よりも2つ先の信号を見て

「今この流れで行くとあの信号で止まるから、ここで飛ばしてもしょうがない」と

判断するのが運転のうまい人だ。

 

目標を達成したあと、次に何をやりたいか、

それを目標を達成する前から見えている状態にすること。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「目標の次を見る」