読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

謝罪で仕事をとる 「ワルの作法(中谷彰宏)」

オータパブリケイションズの村上実氏が20代のころ、

広告の掲載事故で、相手の広告主の名前を間違って載せたことで

謝りに行ったことがあった。

シティホテルの名前なのに、よく似たラブホテルの名前になっていたのである。

名誉毀損で訴えられたり、慰謝料を請求されたりしても

おかしくないくらいの事態である。

ところが村上氏は謝りに行って、先方の怒りを静めただけでなく、

次の広告をとってきたのである。

 

きっちり謝ることは当然だが、著者に言わせればそれだけでは

バカ正直なマジメ君のやることである。

したたかでワルな男は謝りにいきながら仕事もとってくる。

謝れる側は、謝り方を見て、その人と仕事を続けていくか判断する。

だからこそ、謝罪の仕方次第では、次の何かが始まるきっかけにもできるのだ。

 

仕事の8割は謝ることである。

社会人ともなれば、自分でやったことはもちろん、

自分の責任でないことまで謝らなければならない。

さらには、筋違いなことや、相手の勘違いに対して謝ることもたくさんある。

そこで「嫌だなあ」と思いながらただ謝るだけなのか、

謝ることを最大のプレゼンテーションと捉えていくのかで大きく差がつく。

 

大きな失敗をしたとき、どうしても及び腰になってしまいがちだ。

だが、失敗の挽回は大きく評価を変えるチャンスでもある。

仕事だけでなく、恋愛でも何でもそうだ。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「謝罪するときが最大のチャンス」