読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

やらなければよかった 「人生を変える自分ブランド塾 (中谷彰宏)」

自分の方程式をつくるには、失敗を重ねることが重要だ。

失敗には2種類の失敗がある。

①やってしまった失敗

②やらなかった失敗

自分の方程式をつくるには、やってしまった失敗を重ね、

「やっておけばよかった」と思うような失敗を減らすことである。

 

「やっておけばよかった」という失敗は脳の老化を招く、と著者は言う。

逆に「やらなければよかった」という失敗は脳に刺激を与える。

実際にやってみて得られるものは果てしなく大きい。

行動量と振り返りの量が自分の方程式を作る。

それは実行しないとできないことなのだ。

 

今までやってきた努力と成功と失敗が自分の方程式を作る。

特に失敗から学ぶことは大きい。

失敗を忘れるにはどうするか。

徹底的に失敗と向き合うことである。

「なぜあんなことをしたのか」とくよくよする。

くよくよするだけでなく、「今度はこうしよう」ということを徹底的に洗い出す。

そうすることで失敗の意味がわかる。

 

「やっておけばよかったこと」からは何も学べない。

「やらなければよかったこと」からは色いろなことが学べる。

例え失敗していたとしても、学べる情報量は多い。

「やらなければよかった」ことを増やし、失敗と徹底的に向き合う。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「やらなければよかったことを増やす」