読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

世界を旅して本当の自分が見つかるのかというと 「なぜか評価されないあなたへ 心に刺さる耳の痛い話(小笹芳央)」

若い人で「本当の自分はどこにいるのだろう」と悩むことは多い。

挙句、世界中を旅したり、職を転々としたりする人もいる。

そうすることで「本当の自分」が見つかるのだろうか。

 

「本当の自分」などというものはどこを探しても見つからない、と著者は言う。

なぜなら、そんなものは存在しないからだ。

例えば子供を持つ社会人の男性なら父親・夫・ビジネスパーソン、と少なくとも3つの

側面を持っている。

それはぴったり重なるものではなく、それぞれに違った要素を持っている。

では、それぞれの「顔」が偽りの存在なのかというと。それは違う。

生きていく上で、誰もが必要に応じて役割を演じ分けているだけである。

 

ビジネスの世界では、この「演じる」という好意が重要である。

現場に「素の自分」を持ち込まず、その都度要求される役を演じ続けていくことで、

職業人としての自分を形作っていく。

それが、ビジネスパーソンには必要なのだ。

名優と呼ばれる役者さんは、作品ごとに全く違う人格や職業を演じる。

そこに素の人格は関係ない。

凶悪犯を演じた俳優が、プライベートでも銀行強盗だったということはないだろう。

 

危機的状況で自分がリーダーだった場合、

素の自分がどんなに「やばい」と思っていても、

部下には「大丈夫だ」と言って心配させない役割を演じるべきだ。

素の人格は別にして、今求められている役を演じる。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「役割を演じる」