読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

仲間を先に成功させる 「ハイパフォーマー 彼らの法則(相原孝夫)」

「つながりー社会的ネットワークの驚くべき力」という本によれば

投票行動性感染症も肥満も自殺も、

政治から経済から病気から精神状態にいたるまで

ありとあらゆるものが人から人へ伝染するそうだ。

 

不機嫌な人が近くにいると不機嫌が移る、というのはよくある話だ。

しかしそればかりか、肥満すらも伝染するというのだ。

親しい友人の一人が肥満になった場合、57%の確率で自分も肥満になる。

 

行動と思考は確実に伝染する。

この法則に従えば、身近な周りの人たちを良い状態にすることは

必ず自分自身のためになる。

成功した人が近くにいれば、自分も成功しやすくなる。

だから、成功に近い人がいれば、嫉妬したり手柄を横取りしたりするのではなく、

その人を応援したほうが自分も成功に近づくのだ。

足を引っ張っていると、逆に自分も足元をすくわれてしまう。

 

人を応援すると信頼も得られる。

自分が応援した人は、後に自分を助けてくれる。

色いろな人を応援することで職場の雰囲気も明るくなり、

ビジネスもうまくいく。

 

自分が主役になるためには、脇役をきちんとこなしたほうがよい。

長く役者として活動している人は脇役が多いそうだ。

人を蹴落として主役になっても、周囲の反感を買うだけだし、

その映画一発で終わってしまうこともある。

脇役に徹してキャリアを積み上げれば、

実力もつくし、周囲の信頼も得られ、

主役に抜擢されたり、長く活動できたりするのだ。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「仲間を先に成功させる」