読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

ムカデのジレンマ 「ハイパフォーマー 彼らの法則(相原孝夫)」

「ムカデのジレンマ」という有名な逸話がある。

たくさんの足を持つムカデが上手に足を動かして歩くので、

蛙が「正確にはどういう順番で足を動かしているのですか?」と聞いたところ

ムカデは身動きが取れなくなり、とうとう餓死してしまったという話だ。

考え過ぎると動けなくなるという喩えである。

 

優秀な人でも、考え過ぎたり分析しすぎたりすると行動が抑制される。

人はリスクを予測するのは得意でも、チャンスを見極めるのは苦手だ。

良い刺激より悪い刺激に反応する。

その結果行動する選択よりも、行動しに選択をとる傾向になる。

しかし、行動を起こさないこと自体が、最大のリスクにもなり得る。

 

考え過ぎず、なるべく積極的に行動する。

そのためのコツは「ベストを目指すよりベターを繰り返す」ことである。

そもそも「ベストを尽くす」という言葉には注意が必要だ。

ビジネスにおいてベストというものはほとんど存在しないからだ。

何がベストなのかはやってみないとわからない。

それにも関わらず「最善を尽くしました」というのは、

職務を全うしなかったことの言い訳にもなりかねない。

 

ベストを目指すと動きが鈍る。

それよりは、動きながらベターにしていったほうが

結果的にベストになるものである。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「ベストよりベターを繰り返す」