読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

アズイフの法則 「ハイパフォーマー 彼らの法則(相原孝夫)」

19世紀後半の心理学者ウィリアム・ジェームズは、

「人は楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ。

怖いから逃げるのではなく、逃げるから怖くなるのだ」という仮説を立てた。

その仮説は後に多くの実験により実証された。

 

心理学者のリチャード・ワイズマンはこの原理を

「アズイフ(のように)の法則」と呼び、

「幸せになりたければ、すでに幸せであるかのように行動すればいい」と主張した。

ワイズマンが行った26000人を対象とした大規模な実験がある。

いくつかのグループに分類し、幸福度を測定するというものだ。

その中のあるグループにはウィリアム・ジェームズの仮説に基づき、

「毎日数秒ずつ笑う」ということを試してもらった。

1週間後、幸福度を測定したところ、「毎日数秒ずつ笑う」グループが

最も幸福度が高かった。

 

このように行動から感情が生まれる。

勇気ある行動をとれば勇気が湧く。

積極的な行動をとれば積極性が出る。

外交的に振る舞えば外交的な性格になるのだ。

 

はるか昔アリストテレスはすでにこう述べていた。

「私たちは何事についても、実行を通して学びとる。

建築家は家を建てることで建築家になり、

ハープ奏者はハープを奏でることでハープ奏者になる」

 

良い先生も最初から良い先生だったわけではない。

授業を繰り返し、先生をやっていくうちに本当に先生になっていくのではないか。

どんなに仕事で成功している人でも、新人時代や下積み時代は必ずある。

行動していくうちに、本当にできるようになっていく。

最初はうまく行かなくても、とにかく理想の行動をとっていく。

そうしているうちに理想の自分になっていくのであろう。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「行動しているうちにそうなる」