読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

運だけの成功はない 「仕事ができる社員、できない社員(吉越浩一郎)」

Aさんは物凄い努力家であり、

Bさんはそこそこの努力家であるとする。

成功する要因が100あるとして、

Aさんはその内80を努力で埋める。

すると、残りの20が成功において運が占める割合である。

Bさんは100の成功要因のうち、50を努力で埋める。

すると、Bさんが成功するには残り50を運で埋めないといけない。

つまり、人によって運に頼る割合が違うのである。

 

「人事を尽くして天命を待つ」というが、

この場「人事」が努力で「待つ」が運である。

努力している人にとっての運と、努力していない人にとっての運は意味合いが違う。

成功には運が必要だ。

しかし、努力している人は運に依存しなくても成功の確率は高くなるし、

努力していない人にとっては成功は運頼みになってしまう。

 

運、不運で物事を捉える人はBさんタイプが多い。

努力が足りず、実力がつかず、結局運に頼ってしまうからだ。

一方、Aさんタイプは運に頼らないため、運へのこだわりがない。

運というコントロールしにくいものよりも

努力というこんとろーるしやすいものを考える。

不運な結果になっても、まだ自分にできることがあったのではないかと反省する。

 

運は確かに存在する。

しかし、結果を出せるかどうかは運よりも努力によるとこが大きい。

とにかく自分で変えられるところを変える。

努力を積み重ね、運に頼る部分を小さくする。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「運に頼らなくてもいいように努力する」