読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

順序を変える  「営業マンは理系思考で売りなさい(菊原智明)」

「8・8・8・8・8」の「・」の部分に【+、-、×、÷】を当てはめて、

解を最大にするというクイズがある。

正解は「8×8+8-8÷8=71」であるが、

この「×」と「÷」の順番を逆にすると

「8÷8+8-8×8=マイナス53」になってしまう。

順序を一つ入れ替えただけで、結果が大きく違ってくる。

 

これは日常生活でも当てはまる。

甘いものを食後に食べると血糖値を過剰にあげてしまうし、カロリーオーバーになる。

しかし、甘いものを30分前に食べると、下がった血糖値を適度に上げられるし、

お腹を空かせてドカ食いすることもなくなる。

 

営業活動においても「前か後か」の順序で大きく結果は変わる。

打ち合わせを2度3度と重ねてから契約を取る場合、

次回のアポイントが取れるかどうかが非常に重要である。

「検討して、またこちらからご連絡します」と

アポイントをとらずに別れてしまえば、その後いくら電話をかけても

アポイントをとることは難しくなってしまう。

 

著者は商談している時から次回のアポイントが気になり、

「何としても次のアポイントをとらないと!」と考えながら商談に臨んでいた。

しかし、気合を入れれば入れるほど拒絶され、逃げられてしまう。

 

ところが「今日はこれからお客様のご要望を聞かせていただきます。

ご要望を形にするのに、3,4日かかるのですが、

1週間後の同じ時間はいかがでしょうか」と、次回のアポイントの確認を

商談前にするように変えたところ、いとも簡単にアポが取れるようになった。

次回の約束を先に決めたことで精神的にも落ち着き、商談がうまくいくようになった。

「アポイントは商談前に取るもの」と決めつけずに、

順序を変えただけでうまくいくこともある。

 

「こういう風にやるものだ」と認識しているものがうまくいかないとき、

順序を変えてみてはどうだろうか。

相手のためにもなり、自分にとっても心が落ち着くのであれば、

結果もきっとうまくいくだろう。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「順序を変えてみる」