読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

プロになるということは 「個性を捨てろ!型にはまれ!(三田紀房)」

漫画家や作家を目指す人の中には、なかなか素直に人の言うことを聞けない人が

たくさんいるという。特に、これからプロを目指す人の中にこの手のタイプは多い。

具体的には、編集者からの「ここの部分を書きなおしてほしい」という要請を

受け付けないのだそうだ。

 

たしかに作者としては「そこを変えたら前後の整合性がとれない」とか、

「この台詞があるからこそ、次のシーンが活きるんだ」といった、

作者にしかわからないような思い入れはあるかもしれない。

 

しかし、編集者はプロである。

そのプロが「直すべきだ」と言っているのであれば、

素直に従ったほうがよいと著者は言う。

どこかを修正することで「自分の個性が消えてしまう」と言うのは話にならない。

それで消えてしまうような個性なんて大したことないのだ。

 

こだわりは大事ではあるが、作品を評価するのは読者である。

読み手に伝わらなければ意味がないのだ。

自分だけのこだわりにとらわれると、客観的な判断ができなくなる。

 

大企業の経営者でも、コンサルタントを雇うことはある。

世界的に有名なミュージシャンでも、プロデューサーを雇うこともある。

どんなに優秀な人でも、自分だけで作品を作ろうとすると

独りよがりになりかねない。

だからこそ第3者からの客観的な意見は貴重だし、

仕事ができる人ほどその意見を参考にする。

 

自分だけが何かにこだわっていたとしたら、

それは必要なものではないかもしれない。

素直に人の意見を取り入れる。

客観的に考えてどうか?を大切にする。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「素直に人のいうことをきいてみる」