読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

やってはいけない2つのこと 「斎藤一人 天が味方する引き寄せの法則 (柴村恵美子)」

社長の基本は「威張っちゃいけない」ことであると著者は言う。

社長は会社で一番偉いんだから、威張ってもいいのではないかと

思う人もいるかもしれない。

しかし、威張るということは人に機嫌を取らせるということであり、

他人のエネルギーを奪う行為である。

社長が社員のエネルギーを奪うような会社では、

社員にいい仕事はできない。

 

また、威張るということは、要はチヤホヤされたいということであり、

自分の機嫌を自分でとれないということである。

偉い人はそ強い影響力を持っている。

だからこそ、偉くなればなるほど、自分の機嫌は自分でとらなければならない。

社長が部長に威張ってエネルギーを奪い、

その分を取り戻そうと部長が部下に威張りだす。

そうした、エネルギーの奪い合いという「負の連鎖」が起こってしまうからだ。

 

ただ、「威張ってはいけない」けれど、「なめられてもいけない」のが社長である。

社員や部下になめれらていると仕事にならないし、

会社としての士気も上がらない。

上に立つ者は、それに見合った威厳が必要である。

威厳を保ちながらも下に威張らない。

そうした姿勢が求められるのではないか。

 

そして、これは社長に限ったことではないと思う。

他人に威張る人は信頼を失っていく。

そして、人になめられる人は自信を失っていく。

他人威張ることもなく、なめられることもない。

そうした姿勢が、自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「威張っちゃいけない。なめられてもいけない」