読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

トップ営業マンに目標など無い 「営業マンは理系思考で売りなさい(菊原智明)」

著者は営業のコンサルタントである。

彼が、全国のトップ営業マンが集まる表彰式に参加したときのこと。

トップ営業マンにこんな質問をした。

「今年の目標はありますか?」

トップ営業マンはこう答えた。

「別にないよ。目の前のことをやっているだけだよ」

 

トップ営業マンは明確な目標を持ち、それに向かって努力しているものだと

著者は思っていたため、意外な回答に驚いた。

その後、一緒に飲む機会があり、改めて話を聞いてみると、

やはりハッキリとした目標やビジョンを持っていたのだ。

不思議に思った著者はこう言った。

「ハッキリとした目標やビジョンを持っているんですね」

トップ営業マンはこう答えた。

「これは目標じゃなくて予定だよ」

 

「予定ですか?」

「できたらいいなという甘い目標ではなく、1年後までに絶対にやるという予定だ」

これを聞いて、最初の「目標は別にない」という言葉の意味がようやくつかめた。

結果を出し続ける人は、達成したいことを目標ではなく予定でとらえている。

ここまで強い気持ちで臨むからこそ、毎年目標を達成できるのである。

 

目標と予定の違いは何か。

期限があることだと著者は言う。

目標には漠然としたものも含まれる。

しかし、目標に期限を入れた瞬間に、

漠然とした目標は予定に変わる。

いつまでに何をするということがハッキリする。

上記のトップ営業マンも、

「1年後の○日までに20棟の契約をする」と予定を明確にしていた。

デッドラインを設定するからこそ、

計画や行動が具体的になり、本気で達成しようという気持ちになる。

 

「こうなったらいいなあ」という願望は、

予定にしないかぎり「こうなったらいいなあ」で終わってしまう。

いつまでにどの状態にしたいのか。

いつまでに何をするべきか。

目標や願望を予定に変えるとき、具体亭な行動は始まる。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「目標に期限を入れて予定にする」