読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

勝敗は関係ない、相手も関係ない、大事なのは 「恐れない技術(桜井章一)」

麻雀の代打ちとして20年間無敗、「雀鬼」と言われた桜井章一

わずか26歳で将棋界の7大タイトルを手中に収めた天才棋士羽生善治

この2人の勝負師が桜井氏の道場で対談したことがある。

そのとき、桜井氏には忘れられない羽生名人のセリフがある。

 

羽生名人は著者にこう言った。

「勝つとか負けるとか考えない。相手のことも考えない。

自分自身が強くなれば、それで済む世界ですから」

 

この言葉は深いと思う。

自分が強くなれば自然と勝てるようになる。

そして、勝ったことを驕らない強さを持てばいい。

負けたとしても、その負けを素直に受け入れる強さをもてばいい。

そうすれば段々強くなっていく。

結局、勝っても負けても、強くなればいい。

 

相手のことも考えない。

相手が誰であろうと、自分が強くなればよい。

勝負事に限らず、

嫌な上司だろうと、高嶺の花の女性だろうと、

わがままな子どもだろうと、

自分自身が強くなればそれで済む世界である。

 

目先の勝敗や、相手にとらわれないこと。

自分を成長させ、強くなればそれで済む。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「自分が強くなればそれで済む」