読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

お医者さんと結婚 「アドラー博士の子どもに自信をつける魔法のしつけ(星 一郎)」

ある小学校の先生が、五年生の女子生徒と、その友達との会話を聞いていた。

その子は平然と「私ね、結婚するとしたらお医者様と結婚するの。

お医者様でなかったら、弁護士と結婚するんだ」と言った。

その先生はその子に近寄り、冗談で「先生とだったらどう?」ときいた。

すると彼女はすぐに「えーっ先生と結婚するなんて考えられない。

だって先生は小学校の先生でしょ」と答えたそうである。

その先生は苦笑いするしかなかった。

 

実はその子の父親は医者だったそうである。

例えば、その子のお母さんが、「○○ちゃん。結婚するならお父さんのように

立派な人を選んでね」と言ったとする。

その子が「お父さんのように立派な人と結婚したい」と考えるのは結構なことだが、

お医者さん=立派な人、と考えていれるのであれば問題である。

お医者さんはみんな立派な人というわけではないし、

お医者さんじゃない人は全員立派じゃない人、というわけでもない。

ましてや、彼女は「自分が好きな人」と結婚するのではなく、

医者という「自分が好きな属性を持った人」と結婚するかもしれない。

そして、医者の妻という自分の属性を好きになるのだ。

 

属性で人を判断するのは、大人でもやってしまうことである。

「一流大学を卒業しているから」「若いのに管理職だから」

「テレビによく出る有名な人だから」、あの人はすごいと考える人も多い。

もちろん、その属性を勝ち取った努力は認めるべきではある。

しかし、他人の価値を属性で判断する人は、自分の価値も属性で決めてしまう。

何の地位も名誉もない自分は価値がないと考えしまいやすい。

 

そういう子は、決してありのままの自分を好きになることはない。

何らかの地位や名誉を手に入れた瞬間は、自分を評価し、好きになるかもしれない。

ところが、その地位が手に入らなかったり、

あるいは一度手に入ったが失ってしまったり、

自分より上の地位にいる人間に会ったりしたときには、結局自分を蔑んでしまう。

 

人は属性が全てではない。

どんな属性を持っていたとしても、中身は別問題である。

そんな考えで他人を評価できる人は、自分に対しての評価も

属性にとらわれなくなる。

そう考えることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「自分や他人を、属性以外でも評価する」