読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

人生が嫌なこと続きだとしたら 「ダメな自分を救う本(石井裕之)」

たとえば、誰も見てないことを確認して道端にゴミをポイ捨てしたとする。

そのとき自分の潜在意識はこう考える。

「自分は人が見てないと悪いこともしてしまう人間なんだ。

じゃあそんな自分にふさわしい出来事を引き寄せよう。

まずは同じようなずるい手口で金を騙し取られるようにしようか」

そして、潜在意識はそれを実現させる出来事に自分を促す。

たまたまかかってきた悪徳業者に金を騙し取られるハメになる。

 

まるで子供向けの話のように思えるが、

潜在意識を研究してきた著者は、これは真実であるという。

「誰も見てなくても神様が見ている」とよく言うが、

神様だろうが、お天道さまだろうが、宇宙エネルギーだろうが、

潜在意識だろうが、呼び方が違うだけで全ては同じである。

潜在意識のようなものが、本当に人生に影響を与えている。

 

もし、自分の人生に嫌なことばかり起きていたとしたら、

自分の行動が、「嫌なことが起きるのにふさわしい自分」を

潜在意識に作らせているかもしれない。

ズルいことをしたら、ズルいことをする自分にふさわしいことが起きる。

何かに怯えていたら、怯えている自分にふさわしいことが起きる。

人に親切にすれば、親切な自分にふさわしいことが起きるのだ。

 

ここでのポイントは、潜在意識は言葉よりも「行動」に影響されるということだ。

ある人が平社員から急に課長になったとき、

最初は「課長!」と呼ばれてもしっくりとこない。

ところが無理にでも課長として振る舞って行動していると、

次第にその人は課長らしくなってくる。

これも、日々の行動が潜在意識に暗示をかけているから起こることだ。

課長として行動していれば、課長にふさわしい自分になろうとする。

 

だから「目標が実現したら○○しよう」と考えるよりも、

「目標が実現したつもりになって○○しよう」と考えるほうがうまくいく。

「ダイエットに成功したらパーティーに積極的に参加しよう」ではなく、

ダイエットに成功してないうちからパーティーに積極的に参加する。

そうすると、パーティーに参加している自分にふさわしいように

潜在意識はダイエットを成功させる。

 

もちろん、「目標が実現したつもりになって○○しよう」といっても

すぐにはできないこともある。

「成功したら六本木ヒルズにオフィスを構えよう」と思っても

現状では経済的に無理だとする。

そのときは、「現状で何ならできるか?」を考えればよい。

たとえば、六本木ヒルズにオフィスを構えているような気分で

六本木ヒルズの中の高級カフェでコーヒーを飲むくらいはできるはずだ。

たったそれだけのことかと思うかもしれないが、

たったそれだけのことすらしない人がほとんどなのだ。

大体、「成功したら六本木ヒルズにオフィスを構えよう」と考えていても、

一度も六本木ヒルズに行ったことがない人すらいるのだ。

 

潜在意識は現状維持を好む。

六本木ヒルズに行ったことがなければ、

行ったことがない現状を維持しようとするのが潜在意識だ。

だからこそ、まずは六本木ヒルズに足を運ぶだけでも

潜在意識に変化を促すことができるのだ。

成功した暁の自分に慣れておく。

潜在意識に、成功にふさわしい自分を作りたいと行動で訴える。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「行動を通じて、なりたい自分になれるよう潜在意識に訴える」

marginheight="0" scrolling="no">