読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

みんなに好かれる爽やかなゴキブリ 「ダメな自分を救う本(石井裕之)」

「私はダメな人間だ・・」とつぶやく人。

実はその人は、本当にダメな人ではないと著者は言う。

自分がダメだと思えた時点で、「本当はダメじゃない」ことを証明しているのである。

 

ゴキブリは自分のことをダメだと思っているだろうか。

「こんなジメジメした暗いところでコソコソと生きて、

みんなから嫌われて、俺って何てダメだろう」と考えるだろうか。

おそらく、そんなことは考えもしないだろう。

もしもそんなことを考えるのなら、

みんなに好かれる爽やかなゴキブリがいてもよさそうなものだ。

なぜゴキブリは自分のことをダメと思わないのか?

それは、暗くコソコソと生きるのが、ゴキブリにとっての「本来の自分」だからだ。

 

「ありのままの自分を受け入れる」という言葉がある。

まさにゴキブリは、ありのままの自分を受け入れている。

これも一つの考え方である。

無理して自分に合わないものを追いかけるよりも、

ありのままの自分に合った生き方をしていく。

 

ところが、私なんかは特にそうなのだが、

「ありのままの自分」に納得がいかない人がいる。

納得がいかないのに、「ありのままを受け入れよう。

私は今のままで十分素晴らしいんだ」と思おうとしてもうまくいかない。

それは、向上心を持つ自分を否定しているからではないか。

つまり、今のままではダメだと思っている自分を、ありのままに受け入れていない。

本当は「~したい」「~になりたい」という願望を持っているのに、

その気持を無視して抑えこもうとしている。

ありのままの自分を受け入れるということを極端にしてしまうと、

健全な願望を持っている自分をも否定しかねない。

 

本当にダメな人は、自分がダメだということに気づかないし、認めない。

変わりたい、成長したいともがくこともない。

本当に心の底から「成長して~したい」という気持ちがないのなら

人に迷惑をかけないかぎり、それでもいいかもしれない。

だが心の奥底に本当の願望を押し殺しているのであれば、

その気持は受け入れたほうがいい。

 

自分のことをダメな奴、と素直に認めることである。

素直に認めれば、努力ができ、成長できる。

高価な真珠も、最初は貝の中に入ってきたゴミから作られる。

ゴミを核として、その周辺に美しい真珠が形成されていく。

今の自分がダメなら、その今の自分を認めて

そこからスタートするしかない。

ダメさを素直に認めれば、素直に努力しようと思える。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「ダメな自分に気づけば、ダメじゃなくなる」