読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

失敗を自慢できますか 「がなり説法(高橋がなり)」

既得権益を守ろうと、若手の邪魔をする奴。

リスクや失敗を恐れて行動しない奴。

自分では何もチャレンジしない評論家みたいな奴。

こういう人が好きなのが、「失敗を繰り返しながらも成功した話」である。

自分は苦労や痛みを味わうことをせず、感動だけを疑似体験したいから

プロジェクトX」みたいな番組はウケたのである。

 

しかし、他人の成功話を聞いたところで、自分でその感動を味わうことはできない。

実際に感動を味わうには自分が挑戦するしかない。

挑戦すれば失敗して苦しい思いをする。

だが、どんな失敗をしても仕事さえ選ばなければ、どうにか生きていける。

心が腐ってないかぎり必ずチャンスは与えられるのだ。

自分の理想に近づくには、失敗しても挑戦を続けるしかない。

ただし、負けっぷりはよくなければならない。

見逃し三振したり、負けた後見苦しく言い訳する人にはチャンスはない。

 

人生と野球の違いは何か。

野球は9回(延長12回)までだが、

人生は9回裏で100対0で負けていても勝負が続いていくということだ。

結局失敗したまま終わる人になるのか、

失敗してもめげずに挑戦し続ける人になるのか、で成功は決まる。

 

この世には報われない努力がある。

そこで「努力しても無駄だ」と思う人は現状維持になる。

報われない努力があることを認めた上で、

それでも努力し続ける人はいつか成功する。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「報われない努力があったとしても、努力する」