読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百武日記

自信がない人が自信を持って生きるためにはどうすればよいか。日々考えたこと、学んだことを記録し、自分の武器にする。

八分目の信頼関係 「たった1行の成功法則 (竹村健一)」

人と信頼関係を結ぶときは、その信頼関係に完全さを求めないほうがよい。

自分は相手の要求に100%応えるから、相手も自分の要求に100%応えてくれ」という

完全な信頼関係は長続きしない。

 

精神科医の斎藤茂太は「夫婦関係にしても友人関係にしても、100%の信頼関係を

求めると必ず挫折する。だから80%程度の信頼関係を目指すべきだ」と言っている。

この世にパーフェクトな信頼関係はありえない。

 

本田技研の創業者である本田宗一郎と藤沢武夫は、社長・副社長として

二人三脚え会社を大きくしていった。

本田氏は技術開発に全力を注ぎ、藤沢氏はお金や組織内部のことすべてを見た。

世間では二人を夫婦のような一心同体の関係と思いがちだったが、

実は二人の間には淡々とした部分があったという。

 

会社の公式セレモニー以外では、二人が行動をともにすることは滅多になかった。

会社が大きくなると、会話をするのもほんの数分ということが普通だった。

二人が昭和48年に同時に引退し、その年の7月に本田邸でパーティーが開かれたが、

藤沢氏はそのパーティーに出席しなかった。遠慮することなく欠席したのだ。

 

だからといって仲が悪いわけではなかった。

お互いの能力については100%信頼していたが、

仕事に支障が出ないように、べったりとした関係を望まなかった。

ビジネスパートナーとして互いにほどよい距離を保っていたということだ。

中国の古典に「君子の交わりは淡きこと理想なり」という言葉がある。

本田氏と藤沢氏の交わりにも淡い部分があったからこそ、ビジネスを成功できたのだ。

 

人間関係では完璧を求めないことがコツだ。

「淡い」くらいでちょうどいい。

親子でも、友達でも、恋愛でも、夫婦でも、仕事でも、そして自分自身に対しても、

完璧さを求めるとその関係はいつか破綻する。

何事も淡い部分を残しておく。

そうすることで自信につながるかもしれない。

 

本日の武器「相手に求めるのは最大80%まで」